Father’s back

1週間くらい前に焦げ茶の藤の応接セットを(40年前に吉祥寺の近鉄で15万位で買ったものだが、当時あった英国ブランドのリバテイ何たらと言うのだが、)
ラブチェアーだけクッションがへたったので表生地の張り替えと合わせて修理に出したのが、そうだなあ、かれこれもう20年位前のことかなあ。クッションはヘタッたらもう修理は効きませんと言われたのを思い出すのであるが。)物置の天井裏に放り投げて仕舞う時に反動で足元がヨロケて物置の板壁に自分で打ち付けた五寸釘の頭が左の肩甲骨の上の辺にぶつかって、どうも斜めだったせいでその時は少し痛かったのであるが、あまり気にしなくて2~3日経って午後2時半頃に新宿区富久町の旧い銭湯の弁天湯の風呂上がりに背中は見えないのであるが、どうも疼くので単なる擦り傷ではないなあと思って、夜、帰宅してまた風呂に入った後、元看護婦の家人に頼んで
希ヨーチンと化膿止めのテラノマイシンを塗って、その後に四角のバンドエイドを貼ってもらった。それから毎晩同じ工程をやってもらっているとどうも日中に痒いので度々掻いたのがいけなかったようでカブれていると先程言われて、バンドエイドを止めてやや広範囲に四角のガーゼを当ててその端をサージカルテープで止めてもらった。昔、昭和28年頃に親父の背中に数ヶ月置きに現れる数カ所の異様な形をした噴火口に母親が神妙な顔をして何か大量の軟膏を塗っていたのを思い出した。後になってそれが第二次世界大戦中に東南アジアの何処とも知れない国の無数の島々のジャングルで蚊に刺されたマラリヤの後遺症なのだと聞かされたのだった。
親父は、確か皇居を守る近衛連隊の上等兵で銃剣術3段の指導員だったはずだが、どうも戦局が思わしくなく駆り出されたようでした。前線での親父の写真は驚く程、ガリガリに痩せていて、それが敗戦間近で食料の補給が全くなかったことを如実に現していました。
今日は、家人と青梅の無農薬野菜のKIVAと都民生協に買い出しに行った後、羽村の「花の摘み取り畑」にウエーバー45DC0E9のキャブに換装したローバーミニ1300で行った。久しぶりに乗ったのだが、直管マフラーのブロロロローッという低音の排気音が新鮮でした。

About a week ago I set up a dark brown rattan reception set (I bought it for 150,000 at Kinshoji in Kichijoji 40 years ago, but it was a British brand liberty that I had at that time, but
Only the love chair has a cushion, so I put it out for repair along with the repainting of the table cloth, but I guess it’s about 20 years ago. The cushions will come
I remember I was told that the repair won’t work. The head of a five-piece nail nailed down on the wall of the storage room by your feet as a reaction when throwing and throwing to the ceiling of the storage space I hit a side of the upper scapula on the left, and I was a little bit hurt at that time, but I did not care so much, and after 2 to 3 days, it was about 2:30 pm in the old part of Shinjuku-ku Tokucho I can not see my back after taking a bath in the public bath of Bentenyu, but I think it is not just a scratch because it is so painful that I think back home in the night, after taking a bath again, I ask the housekeeper of the former nurse
I applied dilute yortin and suppository teranomycin, and then I was given a square band aid. Since it is ugly during the day when I am asked to do the same process every night from then It was said earlier that I often scratched it, and I was told to stop it. I stopped band-aid, put a square gauze on a slightly wider area, and had it end with surgical tape.
I remembered that my mother used to apply a large amount of ointment with a mysterious face on several strangely shaped craters that appeared on the back of my father every few months around 1955. It was later heard that during the Second World War it was a sequelae of mosquito bites in the jungles of countless islands in Southeast Asia’s unknown country.
The father was supposed to be the upper arm of the Kinade Regiment that protects the Imperial Palace, and a three-tiered leader in gunfighting, but the station seemed to be fired out of nowhere. The picture of my father on the front line was amazingly thin, and it clearly showed that there was no food supply at all near the defeat.
Today, I went to a householder and a plum-free pesticide-free vegetable KIVA and bought it at the Tokyo Minsyo Kyokai, and then I went to Hamura’s “Flower Picking Field” at the Rover Mini 1300. I got on for the first time in a long time, but the exhaust sound of the bass of the straight pipe muffler Blo Lo Lo Lo was fresh.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中