Pretty eyes

日比谷図書館にいる。
ガラス越しにカモメの噴水が見える。
PRONTのコーヒーにバームクーヘンのセットで610円というのをたのんだのだけれど、バームクーヘンが甘過ぎて、だいたい気持ちいい甘さじゃないのだ。
最初から頼まなければ良かったと後悔している。
だいたい、地下駐車場の車に戻れば、リカさんが焼いた酵母パンに生協のバターを塗ったのが一切れラップに包んだのが籠の中に入っている。山用のステンの保温ボトルには生協の豆乳にネスカフェを入れたカフェオレも入っているというのにね。2~3日前、秋山君がまたいつもの如くひょっこりと前触れもなく朝7時半にH6年式のランクルの今では珍しい3000CCのデイーゼルの4ナンバーだが5人乗りのに朝取りの野菜を積んで現れた。
WordPressのBlogに入ってさてという時に

「投稿を公開するには、pencil@jca.apc.org に送信された認証メールのリンクをクリックしてメールアドレスの確認を行ってください。」というのでメーラーも
テキストもどちらも開けばiCloudと同期できていないのでシステムからAppleにサインインを要求する窓に誘われて、僕のそれまでの何か書こうとしていた思考が中断する。
ああそうだ、さっきまで地下駐車場の車の中でぼうっと1970年から51年間のことを振り返っていて、原宿のバザレリというアパレルにいた頃、祖母がもう近いうちにたぶん亡くなりそうだから最後に一目会いに帰郷するように言われて岡山に帰った時のことや、新宿のレインボーという金融業の不動産担保ローン事業部で昼間は貸付け係りで夕方からは毎晩のように取り立て係りもやらされて、毎日最終電車で帰宅するような今から思えば会社とは思えないような会社だったが、それでも中途採用で入社する時の私の条件を了解してくれた珍しい会社だった。それは毎週2日は、自宅兼道場で少林寺拳法福生道院をやっているので午後4時に早退させてもらっていたのだ。その会社に2年位いた時にやはり親父の葬式の喪主を務めるために帰郷させてもらっている。親父は72才で亡くなっている。僕は今年の10月で73才になる。

なぜ、1970年から数えるのかというと、今日の世界の各国の社会状況から振り返ってやはり、僕らの全共闘運動は敗北するべきではなかったと思うからだ。それから年月は過ぎて、最早、幻想の国立峰の松風大の1969年の本館奪還闘争の同志であり全闘委々員長だった無用の介君が50代の終わりころだったと思うが亡くなった。それにしても新日文甲府読者会の生保内さんの墓参りに行った日のことを思い出すのだが、三重県の根茶江浮くんはいたが無用の介はもういなかった。そう言えば、長野の三文評論のトテさんをシトロエン2CVに乗っていた頃、訪ねて行こうと思いつついた頃、つまり2000年にユセフ檜森が日比谷公園カモメの噴水前で焼身決起した頃、「彼は辛かったと思う。ずっと苦しんだのだと思う。」とトテさんらしい感想を何処かに書いてくれたのを覚えている。

それから2年位して彼も亡くなったと思う。1971年の大晦日から正月にかけて甲府に戻った後、長野まで足をのばし、トテ氏に会いに行っている。それから1970年代に姫路の向井孝さん宅にもよく行ったのだが、2003年に岐阜で亡くなられたのだった。僕の場合だが、50代の頃は身の回りの友人が亡くなるということは随分少ない方だとよく言われたものだった。しかし、流石にこの年齢になると昨年は清瀬で塩見孝也を、今年は経産省前反原発テントで渕上さんと正清さんを9条改憲阻止の会の皆それぞれ後期高齢者となった仲間とともに葬送したのだった。このブログをベタ書きする小一時間にいつも備前焼のぐい呑みで1杯だけにするつもりがいつも3杯か4杯になって翌朝に未消化のアルコールが残っているのが分かるのであるが。書き終わって公開した後、今度はベッドの中で寝る前に最近よくYoutubeでジャズを聴くのであるが、昨夜はHorace Silverの1964年のライブでPretty eyesを聞いたのであるが、曲のタイトルに対する彼の解釈がとても素晴らしいと思った。

(補記)この51年の間に5人の伯父と2人の伯母と2人の従兄弟の葬式に行けてなく勘定に入ってない事に後から気がついた。ただただ義理を欠いたということでは済まない忸怩たる想いに寧ろしばらく浸っていよう。

I am in the Hibiya Library.
You can see the gull fountain over the glass. I made 610 yen with a set of Baumkuchen in a PRONT coffee, but Baumkuchen is too sweet and it is not a pleasant sweetness.
I regret that I had to ask from the beginning. If I return to the car in the underground parking lot, it is in the bag that Rika’s baked yeast bread is covered with butter and wrapped in a wrap. Even though the thermal insulation bottle for mountain has a cafe au lait with Nescafe in soy milk from Co-op. Two or three days ago, Akiyama-kun, as usual, without a foreboding again, at 7:30 am It is unusually rare in the H6 year-ranked 3000L diesel 4 number, but it is loaded with morning picking vegetables for the five-seater Appeared. When you enter the WordPress blog, “To publish the post, please click on the link of the authentication email sent to pencil@jca.apc.org  to confirm the email address.” If neither of the
texts open, I can’t sync with iCloud, so the system prompts me to sign in to Apple, which breaks my thinking I’ve been writing.
Oh yes, I just looked back at the underground parking car in the car in the underground parking lot from 1970 until 51 years, when I was in the apparel called Bazarelli in Harajuku, my grandmother is likely to be dead soon When I was told to go home and came back to Okayama, I was in charge of lending in the daytime in the real estate collateral loan business division of the financial industry of Rainbow in Shinjuku, and I was also taking care of it every evening from the evening, every day It was a company that did not seem like a company if you think that you would go home on the last train from now, but it was still a rare company that understood my conditions when joining mid-career. That’s because I’m doing Shorinji Kempo Fusei-doin at home and dojo every two days, so I had to leave early at 4 pm. When I was in the company for about two years, I am also sent back to serve as a mourner for my dad’s funeral. My father died at the age of 72. I will be 73 years old this October.
The reason why we count from 1970 is that, from the social situation of each country in the world today, I think that our all-out fighting movement should not have been defeated. Since then, years passed, and I think that it was already around the end of my 50’s that the useless agent who was the compatriot of the 1968 main building resurgence struggle of the national flag of the national mountain of fantasy, and who was the chairman of all fight committees . Even so, I remember the day I went to visit the tomb of Mr. Lifepo in the Nippon Bunkofu Readers Association, but there was a root tea ebo-kun in Mie Prefecture, but there was no more useless mediation. In other words, when I was on a Citroen 2 CV while I was on Toto, who was a critic of Nagano’s three sentences, when I was thinking of going to visit, that is, when Yusef Takimori burned in front of the Hibiya Park gull fountain in 2000. I think he had a hard time, I think I had been suffering for a long time. “
I think he died two years later. After returning to Kofu from New Year’s Eve to New Year in 1971, we go to Nagano and go to see Mr. Tote. Then I went to Takashi Mukai’s house in Himeji often in the 1970s, but he died in Gifu in 2003. In my case, when I was in my 50s, it was often said that the death of a friend around me was quite small. However, when it comes to age, this age last year Kiyoshi Takaya Shiyomi, and this year the Ministry of Economy and Anti-Neutral Power Plant Tate Sagami-san and Masayoshi-san at funeral together with fellows who became late seniors in the 9th Article Constitutive Party, respectively It was done. I’m planning to make only one cup with Bizen ware always in a small hour writing a solid blog, but I can see that there are always 3 or 4 cups of undigested alcohol left the next morning. After finishing writing and publishing, I often listen to jazz on Youtube recently before going to bed in bed, Last night I heard Pretty eyes at Horace Silver’s 1964 live, but I thought his interpretation of the song title was very good.

Addendum: The only reason I can not go to the funeral of three uncles and two cousins during the last 51 years is that I just feel sorry for my lack of in-laws.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中